本文へスキップ

TEL.053-457-2616
FAX.053-457-2617

〒430-0929 浜松市中区中央1丁目13-3

 

 パートナーシップ・ミーティング2017



7/30に開催した『パートナーシップ・ミーティング2017』では、170名以上の方にご参加いただき、盛会のうちに終えることが出来ました。ご参加頂いたすべての皆様に深く感謝申し上げます。

開催報告はこちら>


今後、ご参加いただいた皆様のマッチング調査などを通し、協働の推進をより一層進めて参ります。調査結果は、ホームページで随時公開いたします。(10月頃予定)


 
 

 イベント概要

クリックで
プログラム拡大

PDF 923KB

地域づくりに関わるNPO・企業・行政・学校など多様な組織が一堂に会し、共により良い社会の創造を目指す「協働のパートナー」を探す機会として、『パートナーシップ・ミーティング』を開催いたします!

協働によるまちづくり関する講演会や、NPO・企業・行政などの活動紹介ブース(『ポスターセッション』)を設け、それぞれの活動の幅や可能性を広げていただくために実施しています。

 【更新情報】
・イベント開催時間を一部変更いたしました。(2017/5/31更新)
・イベントチラシを掲載しました。(2017/6/8更新)
・ポスターセッション参加団体一覧を掲載しました。(2017/6/22更新)
・プログラムに「ランチトークセッション」を追加しました。(2017/7/10更新)
・出展団体一覧を掲載しました。(2017/7/16更新)
・開催報告を更新しました。(2017/9/4更新)

パートナーシップ・ミーティング2017 開催概要

名 称 パートナーシップ・ミーティング2017
趣 旨  地域づくりに関わるNPO・企業・行政・学校など多様な組織が一堂に会し、共により良い社会の創造を目指す「協働のパートナー」を探す機会として、パートナーシップ・ミーティングを開催いたします。
 多様な主体が、分野や職種を超えて情報交換やノウハウを共有する交流の場を提供し、協働推進の第一歩として信頼関係のあるネットワークの構築を目指します。
日 時 2017年7 月30 日(日)10:30 ~ 16:45(10:00開場)
※時間は変更となる場合がございます。
会 場 浜松市市民協働センター(〒430-0929 浜松市中区中央1丁目13番3号)
※当センターは専用の駐車場がありません。近隣の有料駐車場もしくは、 公共交通機関をご利用ください。
対 象 市民活動団体、地縁組織(自治会等)、企業、学校、行政、まちづくりに興味のある市民 など
参加費 無料
申込み 一般参加:不要
ポスターセッション出展 :
必要(申込締切:6/20(水)
プログラム概要(予定) (1)基調講演
   NPO、企業、行政等による協働のまちづくりに関する講演会
(2)ランチトークセッション
   浜松で活躍する女性をゲストに迎えたトークセッション
(3)協働事例発表
   NPO、企業、行政などが実際に取り組んでいる協働事業の
   先進事例発表
(4)ポスターセッション
   市民活動団体の諸活動や、企業のCSR 活動、行政や企業等が
   推進する市民活動団体への助成制度などを紹介する展示の場
(5.)交流会
   分野や職種を超えた団体同士の出会いと交流の場
主催 浜松市市民協働センター
共催 ふじのくに西部NPO活動センター(静岡県)

 開催報告

プログラム

開会 10:30~10:45

基調講演
『 地域を変える! 協働によるまちづくり 』 10:45~12:15

 市民・企業・行政と協働しながら地域の環境改善に取り組む「NPO法人グラウンドワーク三島」の渡辺さんより、協働の意義や、社会を変えるために求められる姿勢について講演していただきました。

 講演では、水辺のゴミ拾いから始まった同NPOの活動により、三島市民が誇りを取り戻し、やがて「水の都・三島」としてまち全体へ波及効果を及ぼしていったことを紹介し、
「地道な活動の積み重ねが、社会を変える礎となる」と力強い言葉をいただきました。
 また、そのように積み重ねた活動を
「点から線へ、線から面へ」と発展させていくためには、協働の仕組みをつくり、組織力を高めて持続した活動にしていくことが求められると伝えました。

 人口減少により、 市民主体のまちづくりの必要性が高まる中、NPOは今後ますます重要な役割を担っていくと予想されています。一方で、人的・金銭的に厳しい運営状態のNPO法人が多いことも事実です。 渡辺さんはそのような現状に触れ、今後は、
NPOの潜在力や可能性を社会に示し公益性を高めると共に、ビジネスの視点を取り入れた運営を行い、持続性のある組織へと強化していくことが必要とアドバイスしました。
 NPOの強みは、
地域に密着した住民目線の取り組みです。企業や行政とも違う独自性を生み出していくことが、協働における対等性の獲得へとつながると、活動のヒントをいただきました。

【講師プロフィール】
渡辺 豊博 氏
NPO法人グラウンドワーク三島 専務理事

 1950年秋田県生まれ。東京農工大学農学部農業生産工学科卒業。1973年、静岡県庁に入る。2008年4月より都留文科大学の教授に就任し、富士山学や市民活動論などを開講。
 また、NPO法人「グラウンドワーク三島」を1992年に設立。汚れた源兵衛川の水辺再生や姿を消した三島梅花藻の復活など、地域づくりや水辺再生を仕掛ける「まちづくりプロデューサー」の役割を、全国に先駆けて行っている。著書「清流の街がよみがえった」「失敗しないNPO」他多数。 
【ホームページ|NPO法人グラウンドワーク三島


----------------------------------------------------------------------------------

ランチトークセッション
『 “浜松で活躍する女性” にインタビュー 』 12:30~13:10

 浜松で活躍する2人の女性をゲストに迎え、多くの人を巻き込む事業運営のコツについてトークセッションを行った。ゲストの取り組み事例を基に、SNSを活用した情報拡散や集客のポイント、日頃の活動の中でつながりを広げ、仲間を増やしていく大切さなど、継続的な事業運営につなげるノウハウについてお話ししていただきました。

 

【ゲスト】
北 智美 氏 (大和ハウス工業株式会社)
マーケットイベント 『仮題 1日だけの遊園地』を年に数回実施。 ハンドメイド商品を扱う店舗が多数出展するため、特に女性から大人気のイベントとなっている。 始めたきっかけは、『大和ハウス工業』の存在や建物の場所をもっと知ってもらいたいという想いから。 今ではインスタやfacebook,twitterなどのSNSを駆使し、イベント時には車の渋滞ができるほどの集客を呼んでいる。

ホザンジェラ 岩瀬 マルチンス 氏(株式会社 イワセロ マネジメントオフィス)
日本に来て20年以上。外国語を教える活動を精力的に実施。 現在は地域のゴミ問題について、課題を感じており、 住民の力で解決しようと動き始めている。 

【進行】
新堂 正実 氏 (メルセデス・ベンツ浜松南 株式会社シュテルン浜松)



----------------------------------------------------------------------------------

協働事例報告 13:30~14:50


それぞれの専門分野やノウハウを活かしながら、良好なパートナーシップを築いている2つの協働事例の発表を行いました

■事例1 『 企業とNPOの雑穀共同プロジェクト 』
        発表/NPO法人 こいねみさくぼ、有限会社 春華堂


 両法人が取り組む『雑穀共同プロジェクト』では、天竜区水窪町の在来作物である雑穀栽培のノウハウをNPOが提供し、共同で栽培しています。春華堂は、収穫した雑穀を使用し、和菓子として商品化・販売に取り組んでいます。
 発表では、それぞれの強みや独自性を組み合わせることで、
安心・安全でオリジナリティのある商品が実現しただけでなく、過疎が進む中山間地域の活気につながっていることを紹介していただきました。また、協働事業を円滑に進める上では、顔の見える信頼関係を地道に築いていくことが大切と伝えていただきました。



■事例2 『 まちまるごと健康計画!地域住民主体の新しい介護予防 』
        発表/羽立工業 株式会社


 羽立工業株式会社は、健康増進のための介護予防プログラムを全国の自治体と協働で実施しています。地域住民がプログラムを受けるだけでなく、指導者にもなれる養成講座も組み合わせた点が特徴で、市民がより身近な場所で健康増進の活動に参加できる地域づくりを目指していると紹介しました。
 発表では、
社会課題の解決を目指し社会を変えていくためには、単に事業をこなすだけではなく、地域への波及効果を見据えた仕組みにすることが重要とお話しいただきました。

----------------------------------------------------------------------------------

ポスターセッションPRタイム ・ 自由交流会 15:00~16:45

 展示ブースでは、団体パンフレットやポスター、活動写真などが並べられ、各団体の日頃の活動内容や成果が分かりやすく紹介されていました。
 また、市民活動団体が制作しているオリジナル商品の展示・販売や、体験コーナーを設ける団体もあり、ふだん触れる機会の少ない多様な取り組みを知る機会となりました。
 1団体1分半程度の団体PRタイムも盛り上がり、PRタイム終了後には名刺交換や交流が至るところで行われていました。お互いの活動について理解を深めるきっかけとしていただくことができました。

 
 

■出展団体一覧

 ・ 出展団体紹介BOOK『協働のタネ』 (PDF 4.9 MB)

 ・ 出展案内図 PDF 254KB



  分野 団体名
1 観光 浜松観光ボランティアガイドの会
2 はままつ都市型レンタサイクル推進協議会 レンタサイクル「はままつペダル」
3 まちづくり      浜松北地域まちづくり協議会
4 浜松地域資源活用研究会
5 浜松若者社中
6 浜松都市環境フォーラム
7 浜松商業高校 調査研究部
8 学生FRESH
9 Startup Weekend 浜松
10 中山間地域 特定非営利活動法人  中山間地活性化協議会
11  √173(ルートいなさ)
12 農業振興 NPO法人 市民農業の会
13 庄内自然農法同好会
14 文化・芸術  特定非営利活動法人 浜松ミュージック・アート少年団
15 公益社団法人教育演劇研究協会  劇団たんぽぽ
16 浜松エイサーどまんなか祭り
17 環境   NPO法人エコライフはままつ
18 浜松ひよっ子シェアリングネイチャーの会
19 特定非営利活動法人 ラブ・ネイチャーズ
20 浜松モザイカルチャー普及協会
21 はまなこ環境ネットワーク
22 NPO法人 サンクチュアリエヌピーオー
23 子育て 浜松母子寡婦福祉会
24 福祉  認定NPO法人魅惑的倶楽部
25 アトリエ笠井(笠井中学校)
26 防災   3.11はままつ東北復光プロジェクト
27 安否確認タオル!「ここ○プロジェクト」
28 スポアートサポートとうかい
29 コミュニティ コミュニティ・カフェ jimicen
30 健康・生活  特定非営利活動法人 浜松カウンセリングセンター
31  補聴器本舗 浜松店
32  株式会社 杏林堂薬局
33  あいち生活協同組合
34 POLA THE BEAUTY
35 教育  公益社団法人 ふじのくに地域・大学コンソーシアム
36 わたぼうしグランドデザイン  浜松インターナショナルスクール
37 AMIGOS
38 暮らし  静岡セキスイハイム不動産(株)
39 メットライフ生命 SunxS(飯田・堀尾ユニット)
40 スポーツ 藤枝MYFC
41 金融 株式会社 日本政策金融公庫 国民生活事業

お問合せ

浜松市市民協働センター
〒430-0929 浜松市中区中央1丁目13-3
TEL 053-457-2616
FAX 053-457-2617
Email:kyoudou@machien-hamamatsu.jp

過去の実施内容





バナー広告を 募集しています。

浜松市市民協働センタ浜松市市民協働センター浜松市市民協働センター

開館時間/9:00~21:30
休館日/年末年始(12/29~1/3)

※施設に駐車場はありません。近隣の駐車場 または公共交通機関をご利用ください。

関連リンク関連リンク

ブログ | Facebook | twitter