本文へスキップ

TEL.053-457-2616
FAX.053-457-2617

〒430-0929 浜松市中区中央1丁目13-3

 

協働のひろば

基本情報

代表者    :荻野 徹
連絡担当者  :荻野 徹
活動開始時期 :平成26年6月〜
会員数    :5人
主な活動エリア:東海地方
主な活動分野 :

連絡先

住所 :〒430-0929
     浜松市中区中央3丁目7-1-1201
TEL :090-4059-5582
E-mail:oginolab@gmail.com
URL : -
活動目的 楽しく協働するための意識改革に取り組み、その成果を各分野に活用する啓発・支援活動を行い、地域社会に貢献する。
具体的に各分野の問題・課題解決を図るための意識改革活用事例を検討して、プロトタイプ試作、市場での実証実験なども含めて、創意工夫・試行錯誤を繰り返しながら、成功体験活動を目指す。
活動内容
  • 浜松市市民協働センター主催の「パートナーシップミーティング2014」(6月28・29)に参加。ポスターセッションとプレゼンテーションフォーラムにて、下記テーマの展示と発表を行った。
    テーマ: 里山のスマート化ビジネス(提案)
  • 里山のスマート化に関して、浜松市細江町の「細江まちづくり協議会」と情報交換をスタートさせた。(7月初旬)
  • 「意識改革」啓発活動の一環として、各所で意識改革入門の講演実施中。
  • 今後名古屋のアイデアコンテストなどにも参加して、中部地区での「スマート化ビジネス」展開も計画。
団体のアピールポイント(提供できるサービス等)
各自の意識(思考・判断能力等)を上手に使い、楽しく協働するための意識改革に取り組み、その成果を各分野に活用する下記のような啓発・支援活動を行っている。
  • 講演・講座開催: 意識改革に取り組むキッカケづくりの意識改革入門講演、意識改革方法論講演、 意識改革応用トレーニング講座等
  • スマート化ビジネス支援: 集団で英知を結集させて問題解決に取り組むために必要な意識改革と最新の情報通信技術を駆使した「スマート化」を、各種事業に取り入れビジネスを発展させる支援活動。
    このような他に類を見ない「スマート化」は、どのような企業、団体にも適用可能で成果が期待できる。
協働に関すること

協働のアイディア・提案事業

意識改革と情報通信技術を組み合わせて問題解決を図る「スマート化」の具体的な提案事業例:
(1) 里山のスマート化ビジネス
(2) 医療、建設、製造業、サービス業分野のスマート化ビジネス
(3) 金融機関の融資と意識改革の組み合わせ事業
(4) がん保険と意識改革の組み合わせ事業
(5) 意識改革を組み合わせた「統合型」教育と情報通信技術教育事業
これらの具体的な内容は、連絡先へお問い合わせ頂ければ、説明資料をメール添付でお送りします。

協働したい相手

農業、医療、建設、製造業、サービス業、金融、保険、教育分野などで、上記意識改革と情報通信技術の組み合わせにより各種問題解決を図り、発展を望まれる事業所、団体など。

自団体の役割

上記アピールポイントの1、2に示すように、 自然の摂理(創発現象)に沿ったあり方・生き方をベースにした「意識改革」啓発のための講演・講座開催と、他に類を見ない内容で問題解決に貢献するスマート化ビジネス支援を行う。

協働相手の役割。

意識改革に関する講演・講座の受講と意識改革方法論の修得および、その成果を活かす上記事業例を含むビジネス取り組み。ビジネスモデル構想(コンセプト)に基づくプロトタイプ試作、市場での実証実験などの実施を含む。

協働相手のメリット

  • 意識改革により、やる気を出し創意工夫してグループで問題解決を図り、現有人材の有効活用で、多額の設備投資や技術導入費などを節約しつつ、業績アップに貢献できる。
  • 意識改革と情報通信技術の組み合わせにより、競合相手との差別化が可能で、事業拡大と新事業創出に繋がる。

浜松市市民協働センタ浜松市市民協働センター浜松市市民協働センター

開館時間/9:00〜21:30
休館日/年末年始(12/29〜1/3)

※施設に駐車場はありません。近隣の駐車場 または公共交通機関をご利用ください。

関連リンク関連リンク

ブログ | Facebook | twitter